あなたがWEBテストで落ちてしまう原因を人事の本音を元に解明!学歴フィルター?性格?対策不足?【新卒採用の裏側を教えます】

WEBテスト

就活生であれば一度は必ず受験することになるWEBテスト
これは就活生にとって最初で最大の難所でもあり
ここで多くの人は足切りをくらいます。

 

WEBテストは、自分のパソコンまたは、テストセンターに出向いて
中学生レベルのテストを1問1分前後で解かなくてはならないテストです。
しかし!中学生レベルと侮るなかれ。
問題を解く間にもタイマーが動き続け、時間に追われながらも正確な解答をし続けるのは
とてもストレスのかかる作業であり、想像以上の難しさがあります。

 

このWEBテストを基準値以上でこなすことができなければ、
面接に進むこともなく、その企業への就職の道が閉ざされてしまいます。

つまり、WEBテストとは企業に採用してもらうために乗り越えるべき最初の壁であり
最大の難所でもあるわけです。

 

就活生の中には、「せっかく応募したのに面接の機会すら与えてもらえず落とすなんてひどすぎる!」と思う方も多いと思います。
実際に私自身が就活している時も同じようなことを考えていました。

 

しかし、WEBテストで落ちてしまう人には
『落ちてしまう原因』が必ず存在します。

その落ちてしまう原因と落ちないための改善方法をまず最初に4つ紹介します。

WEBテストで落ちる原因と改善策
・正答率が低すぎる
→WEBテスト解答集を利用して乗り切るor自力で勉強する
・学歴フィルターでどれだけ正答率が高くとも通らない
→就活エージェントに相談し、自分の市場価値を理解する
・性格診断で合わないと判断された
→ストレングスファインダーで自分の強みを知り、自分にあった業界や企業を知るor就活エージェントに相談し自分を知る

 

 

毎回WEBテストで落ちてしまう原因

多くの学生がWEBテストで選考落ちしてしまう最大の原因は『正答率が低すぎる』ことです。
また、意外に思われるかもしれませんが
高学歴の学生ほどWEBテストを甘く見た結果正答率が低くなり
面接に進めずに選考落ちするという事例が見受けられます。

 

このような結果になってしまう原因としては、
・高学歴の学生ほど人気企業ばかりを受けるので倍率が高く受かりづらい
・高学歴であるがゆえに「中学生レベルの問題なら余裕」と対策を怠る
この2つの要素が重なり内定が取れない不幸な状態に陥ってしまいます。

 

・学歴があればWEBテストの出来が悪かろうと通過するだろう
・WEBテストは中学生レベルの問題だし対策せずに乗り切れるだろう
このようにWEBテストを甘く考えている学生がいるのであれば今すぐにその考えを変えてください。

 

人気の大手企業になればなるほどWEBテストの結果は重要になります。
難関と言われる企業のES、WEBテスト通過率は3割以下になることも珍しくありません。

 

人気企業にはそれだけ多くの学生がエントリーするということであり、
難関企業ともなると難関大学の優秀な学生が受けにくるため
必然的に難易度は高くなります。

 

WEBテストで選考落ちしてしまい
後悔することがないよう万全の対策をして望むようにしましょう。

 

 

足切りの原因1.正答率が低い

WEBテストで足切りにあっている人の8割は正答率が低いことが原因です。

 

WEBテストは、自分が思っている以上に解けていないことが多いです。
先ほども言ったように、WEBテストの出題レベルは中学生レベル。
言語能力を見るテストであれば、熟語の意味や語句の用法といった問題が出題されます。
非言語能力を見るテストであれば、確率や推論、図表の読み取りといった問題が出題されます。
問題のレベル的にはセンター試験の問題の方が100倍難しいです。

 

それならセンター試験を乗り越えた学生であれば誰もが正答率90%以上を狙えるはず。
なのになぜ正答率が低くなり解けないのでしょうか?

 

それは、圧倒的に時間が足りないからです。

 

出題される問題の難易度によって異なるとは言え、
基本的には30秒〜1分に1問を解くペースで進められなければ話になりません。
難関企業であれば、「この問題どうやって解くんだっけ?」と考えている数秒のロスが選考落ちの原因になります。

 

WEBテスト対策は、
9割以上の突破率を誇るWEBテスト解答集を利用することで
高い正答率とスピード感のある解答ができるようになるため
解答集を利用するだけでWEBテストの突破率が大きく向上します。
2016年から作成を始めた解答集は、今も更新し続けており問題と解答の質と量
そして通過実績は年々上昇しています。
今では9割の通過率を誇るほどです。

 

WEBテストに少しでも不安を感じているのであれば
必ず利用すべきです。

 

 

足切りの原因2.学歴フィルターに引っかかっている

誰もが理解していることですが、学歴フィルターは確実に存在しています。

 

企業は表向きには、「大学名は関係ない」「能力の高い学生を採用する」と謳っていますが、
実際には『学歴フィルター』で足切りしています。

 

就活が始まるとマイナビやリクナビを通して企業の説明会に申し込む人が多いと思いますが、
学歴によって説明会に参加できるかどうかが決まっています。

 

早慶クラスの私の友人には説明会参加可能の表示が出ていたのにも関わらず
MARCHクラスの私の場合は説明会は満席ですという表示が出るということもありました。

 

ESやWEBテストといった選考以前から学歴フィルターは存在しており、
説明会に参加しないとESを出しても通過させないという企業もあるので
やはり日本の新卒採用では根強い学歴主義が残っています。

 

ちなみに、総合商社の説明会はMARCHクラスでも参加拒否されます。
MARCHクラスの学校から総合商社を目指したい人は早期のインターン参加やOB訪問といった部分で点数を稼ぐしかありません。

 

 

学歴フィルターを乗り越えるための方法

学歴フィルターを乗り越える方法としては『諦める』or『市場価値』を高めることが必要になります。

 

諦めるべきか市場価値を高めるべきかの判断は企業に入りたい理由を知ることで判断できます。
企業に入りたい理由→「自分のやりたいことはその企業でなければできないから。」
→諦めるべきではない。

企業に入りたい理由→「年収が高いから」「給料や福利厚生も整っているし、大手企業のブランドもあるから」
→諦めて他の企業を探したり自己分析などをやり直すべき。

 

お金が欲しいのであれば年収で企業を見るのでは無く、
『時代にあったスキルが身につくか?』という視点で考えるべきですし、
背伸びして実力以上の企業に就職しても結果を残せず肩身の狭い思いをすることになるだけなので
良い意味で諦めて少し違う視点を持つことが大切です。

それに本当にお金持ちを目指したいのであれば独立を目指すべきです。
サラリーマンでは本当の意味でのお金持ちにはなれません。

 

その企業で成し遂げたいことがあって、
どうしても諦めたくない場合は、
以下で説明する市場価値を高める方法を実践して希望の企業への内定を勝ち取りましょう。

 

 

学歴フィルターを乗り越える方法1.大学院に進学する

大学院に進むことで特定分野の専門性を高めつつ、学歴を高めることができます。

 

大学院に進学する場合、進学先は在学中の大学とは異なる大学の大学院に進学することができます。
一般的に学歴ロンダリングといわれる方法です。
本当に学歴が必要という方は大学院進学の際に学歴を高めることを狙いましょう。

 

しかし、忘れないで欲しいのは大学院はあくまで研究をするための場所です。
学歴が欲しいという薄っぺらい理由で簡単に受かることはありませんし、
当然論文の作成や研究の雑用といったようなこともやらなくてはならず
人によっては相当なストレスになることが予想されます。
さらに言えば、大学院分の学費が必要になるため金銭的にも苦しい思いをするかもしれません。
大学院進学も甘い世界ではないことを理解して覚悟を持って進むようにしてください。

 

 

学歴フィルターを乗り越える方法2.学歴に勝る価値を身につける

学歴フィルターは自分の市場価値を高めることで乗り越えることができます。

 

近年、評価が高くつくスキルは、『英語力』や『プログラミングスキル』です。
これらのスキルは自分の頑張り次第で身につけることができます。
学歴のある人は大学に入学するまでに努力をしたことで今の恩恵を手に入れているわけですから
学歴で引け目を感じる人は大学に入ってから努力をすれば追いつくことはできます。

 

他の方法としては、
起業経験やインターンに参加し新規事業で大きな売り上げを上げた経験は評価が高くなります。
起業での成功やインターンでの結果を残すことは自分で試行錯誤しながらビジネスをスケールさせていく力があることの証明になります。
その経験は、学生中の部活動の実績やビジネスコンクールの受賞歴よりも『行動力』『思考力』の点で評価が高くなります。
起業やインターンで実績を上げることが一番アピールもしやすいので一番おすすめできます。

 

また、相当な猛者になると学歴を人脈で補うということをやってのけてきます。
私の友人にD通に内定を獲得した人がいるのですが、
彼は1年生の時に「総理大臣になりたい」と言っており、
選挙運動のお手伝いのようなことをやっていました。

そこで作った自民党議員のコネクションを使って彼はD通への内定を獲得したのです。
もちろん、彼自身も能力が高く行動力があるので
自分で受けても内定は獲得できていたかもしれませんが、
それでもコネクションを利用して内定を獲得するというのは
とても賢い選択肢だと思います。

 

就活を有利に進めるための武器
・英語力(留学経験)
・プログラミングスキル
・起業経験
・インターンでの実績
・人脈作り(企業の役員クラス・政治家など)

 

 

学歴フィルターを乗り越える方法3.受ける企業のレベルを下げる

学生生活の中でアピールできるような実績が作れなかった。
学歴も無い。
という方は受ける企業のレベルを下げることを考える必要があります。

 

大手の人気企業になればなるほど倍率は高くなりますから、
必然的に学歴フィルターなどの基準が厳しくなる傾向にあります。
そうなると企業のレベルを下げることも検討しなくてはなりません。

 

以下の記事を参考に人気企業の倍率を見てみましょう。

2018年卒の内定倍率

倍率 社名 業界
316 ピジョン メーカー(トイレタリー)
244 味の素冷凍食品 メーカー(食品)
215 JCB カード
204 ハウス食品 メーカー
163 東レ 化学
156 東京ドーム レジャー
150 東映 レジャー
146 雪印メグミルク メーカー(食品)
142 カゴメ メーカー(食品)

※参考:就職四季報 2020年版(東洋経済新報社)

あくまで一部ですが、
普段から名前を聞くようなBtoCメーカーなどは倍率が高くなる傾向があります。

 

いつまで経っても内定をもらえない人はこのような人気企業ばかりを受けている傾向があり、
学歴という武器があってもこの倍率を勝ち抜くことは難しいので、
学歴が無いという方はなおさら苦戦を強いられることになります。

 

誰もが知っている有名大手企業に入りたい気持ちはよくわかりますが、
実はあまり聞かないBtoB企業の方が待遇が良かったり給料が高かったりもするので
有名企業だからという理由だけで企業を選んで
入社後に後悔が無いようにしましょう。

 

もし、自分で判断することが難しければ【キャリアパーク!就活エージェント!】に相談するのも1つの手です。
就活エージェントは様々な業界のことを知っていますし
これまでにたくさんの就活生の面倒をみてきていることから
『企業とのマッチング度』『長い目で見て成長できる環境』
この2つをよく考えた上で企業を勧めてくれます。

 

さらに、就活エージェントは『特別選考ルート』を用意してくれる場合があり
他の就活生よりも有利に選考を進められるメリットもあります。

 

就活エージェントの中でもキャリアパークは特別選考ルートの紹介が豊富なので
就活エージェントを利用する際は一番に検討すべき優良就活エージェントです。

特別選考ルートへご招待! キャリアパーク就職エージェント



 

 

企業人事の本音とWEBテストを実施する意味

WEBテストを実施する理由1.学歴フィルターが存在することを公表しないため

企業がWEBテストを実施する理由の1つとして挙げられるのが学歴フィルターの存在を隠すためです。

 

学歴フィルターの存在は世間的には認知されており
誰もが理解していることとはいえ、
エントリーの段階で「あなたは〇〇大学なので選考落ちです」なんてことは言えません。
もし学歴フィルターの存在を公の場に公表してしまえば、その瞬間に炎上し企業ブランドを損なうことになりかねません。

 

そのため、WEBテストを利用することで、学歴フィルターの存在を濁しています。
企業にとってWEBテストの実施は都合がよく、
テストの結果が悪かったから落選しましたと通知をすることができます。

 

「低学歴でも優秀な人はいる」という意見は真っ当な意見ですが、
割合的に見れば、高学歴の学生の方が優秀な人材がである可能性が高くなります。
WEBテストは学歴フィルターの隠れ蓑として利用されているのです。

 

 

WEBテストを実施する理由2.数的処理能力を見るため

WEBテストは学生の数的処理能力を見る意味もあります。
職種によっては、高い数的処理能力を求められるためです。
数的処理能力の求められる職業の代表例としては
コンサルティング系企業金融系企業といった、企業の経営戦略に携わる職種や業務の中で数字を扱う仕事です。

 

これらの職種では、求められる能力が高く、優秀な学生が多く集まります。
これらの仕事は個人の能力が直接仕事の出来に関わるため、数的処理能力の高い人材、
ロジカルシンキングの出来る人材を求める傾向があります。

 

よく地頭の良さとも表現される能力になりますが、
それをチェックするために最適なのがWEBテストの非言語分野というわけです。

 

 

WEBテストを実施する理由3.読み取る力(言語能力)を見るため

読み取る力はWEBテストの言語分野にあたります。
ここでは長文読解が大きなウエイトを占めており、企業は文章の読解能力、
そして、文章構造を理解した上で適切に回答できる能力を見ています。

 

この言語能力の高さは、書類作成や営業の分野で必要とされる分野です。
この能力は基本的にどこの企業でも求められる能力で、
この能力が高いと組織の中でも生き残りやすいと言えます。

 

WEBテストを実施する理由4.企業風土と性格のマッチングを確認するため

WEBテストの性格診断の部分にあたります。
この性格診断では、企業の求める人材と学生の性格がマッチしているかを確認していて意外と重要とされているテストになります。

 

日本企業は特に、どれだけ優秀な学生であっても企業の求める人材像とかけ離れた性格の学生であれば容赦なく落としてくることもあります。
逆に、少し能力が低いと判断されても、企業の求める人材像にマッチしていれば選考を通過出来ることもあるくらいです。
特に企業側は、コストをかけて採用し、教育した学生に入社後すぐに辞められてしまっては困るので、
企業への忠誠度や協調性、人間性を確かめるために実施しています。

 

企業によっては、言語や非言語といった能力をみるテストは実施せず
性格診断テストのみを行うこともあります。
そのくらい性格診断テストは重要視されているのです。

 

 

WEBテストの対策方法

WEBテスト解答集を利用して通過する

確実性が高く効率よくWEBテストを対策する方法は、WEBテストの解答集を利用する方法です。

 

企業がWEBテストを実施する意図は学生の能力を見ることですが、
就活生の立場からすれば、WEBテストはただの作業であり通過点にすぎません。
本来1回しか行われないWEBテストよりも3回も実施される面接の方が重要で
一番力を入れて対策すべきは面接であるはずです。

 

面接の中で
・自分の価値を最大限アピールできるようにする
・自分の想いを言語化して適切に伝えることができるようにする
ことを一番に考え、OB訪問などで情報を集めることに時間をかけるべきです。

 

しかし、多くの学生はというとエントリーシートの内容やWEBテストの対策に時間をかけています。
『今、自分の就活を振り返ってみてください』
あなたが就活の中で一番時間をかけていることは何でしょうか?
自己分析?企業研究?エントリーシートを書くこと?
これら全ても大切ですが、これらに時間をかけすぎていても内定をもらうことはできません。

 

内定を獲得するためには、
特に重要である『自己分析』『業界研究』『OB訪問』『面接対策』に時間をかけるべきです。
しかし、時間は限られており全てを高い基準でこなすのは至難の技です。
それを解決するのがWEBテスト解答集なのです。

「時間が足りない」「効率が悪い気がする」という人は
>玉手箱/SPI/webテストの回答集ダウンロード 2021卒用最新版
こちらを利用してみてください。

また『就活強者だけが知っているWEBテスト完全攻略法』も参考にしてください。
この2つがあればWEBテストは8割攻略できたも同然です。

 

 

賢い友人に協力してもらって通過する

賢い友人に協力してもらう方法も効率化する上では欠かせません。
WEBテストは別名「人脈テスト」と呼ばれており、交友関係を図るテストでもあります。

 

企業側はWEBテストは1人で解いてくださいと言いますが、
見張りをつけているわけでは無いので企業側も学生がズルをしているのは百も承知です。

「それではWEBテストを行う意味が無いのでは?」と思われる方もいるかと思います。
それでも学生に無意味とも思えるテストを課すのは
WEBテストであなたの人脈を見る意味合いが含まれているからです。

 

賢い友人がいることは大きなアドバンテージで
企業としても良い人脈を築いている人は
その人が優秀か否かは別としても欲しいものです。
実際、仕事はふとした人脈から生まれることも多いので良い人脈は大きなアドバンテージになるのです。

 

 

就活エージェントの紹介でWEBテスト無しで選考を進める

WEBテストが通過せず困っており、解答集を利用するのに抵抗がある人は、
先ほども紹介した【キャリアパーク!就活エージェント!】を利用するのも一つの手です。

 

就活エージェントを経由しての就活の場合
書類選考やテスト無しでいきなり面接からスタートすることもできます。
ベンチャー企業やIT企業、歩合制でボーナスが大きくなる営業企業などは
エージェント経由だと入りやすくなる傾向があるように感じます。
特に優良ベンチャー企業やITベンチャーを探している人は就活エージェントを使うと効率よく就活を進めることができます。

 

どこに就職するかは、
就活エージェントを利用していくつか内定を獲得した後に決めれば良いことですし、
何よりも無料で利用することができるので学生にとっては就活の強い味方になります。
ここまで就活対策を支援してくれるパートナーはいないので積極的に利用すべきです。


 

 

スキルを身につけ能力を武器に就活をする

特にエンジニアの就活ではスキル重視で採用を行う傾向が強いです。

 

今はどの企業もIT化を進めていますが、
IT人材は不足しているので、IT人材の需要は大きいです。
つまりプログラミングができることで一気に就職しやすくなります。

 

また、エンジニアは特に初任給から高い給与を得ることができる傾向にあります。
その代わりに求められる能力の基準はどうしても高くなりますし、
就活時にはポートフォリオ(作品集)が必要になります。

 

エンジニアの世界では、学歴よりも能力を求められるため
学歴がない人でも大手企業へ就職できるチャンスが広がっています。

 

・学歴がなくて就活に苦戦している人
・学歴はあるけど面接が苦手、営業職は嫌な人
どちらかに当てはまる人はエンジニアの道を目指すのも一つの手です。
ですが、エンジニアの世界も甘い世界ではなく、
新卒とはいえ高い技術レベルが求められるため生半可な気持ちでは就職できるレベルの技術は身につきません。

 

エンジニアとしてのキャリアを目指す人は、
就職サポート付きのプログラミングスクールへ通い
スキルを身につけた上で就活をすることが必要です。
エンジニアの場合は通年で採用活動をしている企業も多いため
就活の時期についてはあまり気にする必要がないこともエンジニア就活のメリットです。

 

エンジニアとしての就活を検討している人はこちらのITCE Academyがおすすめです。
内定率94%!完全無料のITスクール【ITCE Academy】



このITCE Academyであれば無料でプログラミングスクールに通うことができ、
就職先が決まるまでサポートをしてくれます。
エンジニアとしての就職を考えている人は検討してみるといいかもしれません。

 

 

いかがだったでしょうか?
今就活がうまくいかずに悩んでいる学生も
考え方を変えたり視点を変えることで今まででは考えられないくらい簡単に内定を獲得できるようになります。

 

就活中に焦り始めるとどうしても『視野が狭まってしまいます』
視野が狭まることで、結局希望もしていないブラック企業へ就職することにもなりかねないため
就活が不幸なものにならないためにも、
今一度『自分のやりたいこと』『自分が求めているもの』を考え直してみてください。
本記事がそのきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました