ポイントを抑えて就活を有利に!就活に役立つ企業研究のやり方とお役立ちツールをわかりやすく解説

2019年5月22日

就活で内定を取りたければ企業研究はとても大切です

ですが、企業研究をしろと言われても具体的に何をしたらいいの?

と悩みを抱え正しい企業研究ができていない方が多いのが現状です

なぜそんなことが起こってしまうか?

それは、正しい企業研究のやり方を教えてくれる人がいないからです

なので今回は、そんな悩める就活生のために企業研究の具体的なやり方を

わかりやすく解説していきます

正しい企業研究のやり方

企業研究といってもやり方は様々

その中には正しい企業研究のやり方と間違った企業研究のやり方があります

正しい企業研究ができていれば結果は出ますが

間違った企業研究をやっていると努力をしているはずなのになぜか結果が出ない

と言うことが起こってしまいます

ただでさえ時間の無い就活です

どうせなら効率よく結果のでる就活がしたいですよね?

結果を出せる正しい企業研究はどんなものなのかみていきましょう

企業研究の目的

企業研究をする目的は2つあります

1.自分に合う仕事を見つけ、企業とのミスマッチを防ぐため

2.自分の熱意を具体化して内定を掴み取るため

まず1つめ自分に合う仕事を見つけ、企業とのミスマッチを防ぐために

企業研究は非常に効果的です

まずこちらをご覧ください

https://miidas.jp/magazine/articles/voice/tensyoku-kaisuu-nennsyuuy より引用

転職回数が増えると年収が下がる傾向があることがわかると思います

転職することで年収が上がると言う場合もありますが、

それは最初に入った企業で実績を残し、

ヘッドハンティングをされたことで転職を決意し転職に至った場合がほとんどです

自己都合で社風が自分に合わなかったから転職する

といった場合には高確率で年収が下がるので、

最初に就職する企業は非常に重要になります

企業とのミスマッチを防ぐためにも、

企業研究をして自分にあった社風の企業を見つけることは大切です

2つめの自分の熱意を具体化して内定を掴み取るためと言う部分に関しては、

そもそも企業は、新卒採用に莫大なお金と人を使っています

企業側からすれば新卒採用のコストは非常に大きなダメージになるのです

お金も人も時間もかかる新卒採用

できることなら優秀な学生を手に入れたいと思うのは当然のことです

そんな中で企業側が採用したいのはどんな人材でしょうか?

就職してから仕事を頑張ってくれそうな学生

本気でその企業に入りたいと思ってくれている熱意のある学生

そんな学生を手に入れたいと思うのでは無いでしょうか?

いくら優秀な学生だったとしても

自分のやりたいことしかやらない学生

人の言うことを聞かないわがままな学生

入社したとしてもすぐにやめてしまいそうな学生

こんな学生だったら採用したくないですよね

自分の熱意を伝えるためにも企業研究は大いに役立ちます

企業のことをしっかりと調べてきてくれていて、仕事に対する熱意もある

そう感じてもらえる要素の1つに企業研究は一役買ってくれるのです

企業研究の際に見るべきポイント

企業研究の際に見るべきポイントは主に3つです

1.企業の特徴を知る

2.同じ業界の中での位置付けと他社との違いを知る

3.自分と企業のマッチング度合を知る

1.企業の特徴を知るには企業の具体的な特徴を調べていきましょう

・企業情報

「企業理念」「設立年度」「資本金」「本社所在地」「子会社一覧」など

企業の基本的な情報がここにあたります

ここを調べることで会社の方針や会社のルーツを知ることができるので

就活を進める際の重要なポイントになります

・事業内容

取り扱っている「商品」や「サービス」などの

企業が営むビジネスの内容がここにあたります

「B to B」対企業向けサービスなのか

「B to C」対消費者向けサービスなのか

という点も見るべき要素です

営業職とひとえにいっても、対企業向けと対消費者向けでは内容が異なってくるので見るべきポイントになります

・社内制度

「人事教育制度」「休暇・休業制度」「福利厚生」などの

従業員の働き方を示す制度の部分です

休暇を取れるのかどうかはこれからのライフスタイルを考えていくにあたっても重要なポイントになります

・採用情報

「採用人数」「初任給額」などの

その企業が現在行なっている採用についての情報になります

就活時においては、「募集職種」「選考プロセス」などの応募に関しての重要な情報もここに含まれているので確認しておくべき項目になります

これらの情報は、「企業HP」「四季報」などで調べることができます

2.同じ業界の中での位置づけと他社との違いを知りましょう

・業態や取引先の違い

例えば広告業界といっても

テレビ広告をメインに取り扱っているのか

ネット広告を取り扱っているのかで事業形態も取引先も大きく異なります

実際の仕事内容も異なるため、必ず調べておくべきです

・事業規模の違い

企業の規模を知るには、「売上高」「営業利益」「従業員数」「資本金」などを参考にすると良いです

これらの項目を調べることで、

これから伸びていきそうな企業や扱える仕事案件が大まかに見えてくるので

企業選定の際に参考にしましょう

・資本構成の違い

企業のグループ内での資本金の比率割合などでその企業の事業戦略や人事制度

社風、福利厚生などが把握できます

自分の志望する企業がどこかの企業の子会社であった場合、

親会社の経営方針の影響を強く受けたり、

大株主が国であった場合は国の決定方針の影響を強く受けたり

外資企業の場合は日系企業とは社風が全く異なったりということが起こるため

ミスマッチを起こさないためにもしっかりと確認しておくべき部分になります

これらの情報は「有価証券報告書」「業界地図」で調べることができます

ただ有価証券報告書は見づらく業界の比較がしづらいため

業界地図を買って調べる方が確実に効率が良いです

3.自分と企業のマッチング度合を知りましょう

その企業の「良い点」「悪い点」をあげて自分の考えとマッチしているかどうかを調べましょう

最初に勤める企業で定年まで勤めあげたい

安定した企業に入りたいと考えているのであれば

会社の歴史が長い企業を選ぶといった選択をすることができます

※歴史が長いというのはそれだけ安定した経営を続けていると分析ができるためです

企業研究に役立つツール

まず、「企業HP」「業界地図」「四季報」で企業の情報を収集しましょう

その後「Matcher」「ビズリーチキャンパス」などを利用してOB・OG訪問を行います

OB・OG訪問が企業研究に非常に役立つのは否定のしようがありませんが

前提知識なくOB・OG訪問を行なっても得られるものはほとんどありません

就活で希望する企業に入りたい、内定を獲得したいと本気で考えているのであれば

まず最初にすべきは自分でとことん研究して疑問を見つけることです

企業研究とセットでやるべきこと

自己分析をしましょう

企業と自分の考えがマッチするかどうかを知るためには

まず自分を知ることが大切です

自分を知るためには自己分析をしましょう

自分のことは自分が一番わかっていると思いがちですが

意外と自分のことを知らない人は多いです

自己分析をすることで自分が気がつかなかった自分に出会うことができます

SPI・ウェブテスト対策をしましょう

大体の企業はSPIウェブテストがあります

特に大手企業は必ず行なっています

いくら自己分析や企業分析をしてもSPIウェブテストで足切りされてしまっては元も子もありません

自己分析、企業分析は必ずやるべきですが、

同時にSPIウェブテスト対策も進めておきましょう

ESのテンプレートを作りましょう

エントリーシート(ES)はどこの企業でも提出が求められます

企業によってESは様々ですが、「学生時代に一番力を入れたこと」など

共通の質問は必ず存在します

企業の理念によって多少、文章表現を変える必要は出てきますが

「学生時代に一番力を入れたこと」は変わるものではないので

テンプレートを作成しておきましょう

何社かESを提出してみて通過したESは他の企業でも通過する可能性の高いものになるため、

練習として何社かESを出してみるということをするといいです

面接対策をしましょう

面接は経験がものをいいます

大学や就活支援イベントなどで面接対策のセミナーをやっているので

まだ面接を受けたことがないという人は一度顔を出して面接がどういったものなのかを把握しておくと就活を有利に進められます

というわけで、企業研究のやり方を解説していきました

就活はとにかく行動あるのみです

まずは、「業界地図」「四季報」を手に入れて就活を進めていきましょう

おすすめの業界地図と四季報はこちら

業界地図

東洋経済新報社が発行している業界地図です

業界の現状とこれからの市場の展望が天気予報形式でわかりやすく書かれています

四季報

こちらも東洋経済新報社が発行している四季報です

約3600社の企業情報が掲載されています

・会社のプロフィール

・連結事業

・大株主

など会社の情報が余すことなく掲載されています