就活の軸を定めることの大切さ

2019年5月22日

就活をしていると

「あなたの就活の軸はなに?」と聞かれることが多いと思います

確かに就活の軸を定めることは大切なのですが、

なぜそこまで『就活の軸』を気にする人が多いのでしょうか?

今回は

・就活の軸を気にする人が多い理由

・就活の軸を定めることの大切さ

・就活軸の定め方

この3つについて解説していきたいと思います

就活の軸を気にする人が多い理由

就活のはじめ方 就活をする意味を考える

『就活軸=自分の欲望』というお話をしましたが

就活の軸にはその人の欲望

もっというとその人が歩んできた人生考え方性格などの

人間性がはっきりと現れます

あなたを採用する企業側としたら出来るだけ

会社の雰囲気会社のビジョンにあった人材が欲しいのです

優秀な人材が欲しいというのはもちろんあると思いますが

優秀かどうかは実際にそこに入れて仕事をさせてみないとわからないわけですし

優秀でも会社の輪を乱すような人間であれば会社としても受け入れるわけにはいきません

企業側も本当はもっと時間をかけて学生を見て決めたいと思ってはいるのですが、

新卒採用のコストは〇億円単位でかかりますし

多くの応募があればそれだけ採用にあたっての時間もかかります

企業側にもそこまでの余裕はないのです

そのため

同じ方向に向かって一緒に仕事ができる人材を見つけるための手段として

学生の就活の軸を気にしているのです

就活の軸を定めることの大切さ

就活の軸を定めることはあなたが就活を進めるにあたって

大いに役に立ちます

ではもし、就活の軸が定まっていなかったらどうなるでしょうか?

きっと、

「自分のやりたい仕事ってこれであっているのかな?」と迷いが生まれたり

「いちいち企業研究するのがめんどくさい。もう就活やめようかな」と

就活自体がとても辛く面倒でとてもつまらないものになってしまったり

就職した後も何かと嫌なことが目に付いて退職するはめになってしまったりと

就職してから後悔するなんてことにもなりかねないでしょう

しかし、就活の軸を定めて自分の気持ちを疑うことなく就活に没頭できたら

就職活動はとても楽しく有意義な時間になります

また、内定をもらえたことを心から喜べるでしょうし、

就職してからも意欲的に働くことができて仕事自体も楽しくできる

そんな満足のいく未来を手に入れることができます

就活軸の定め方

さて、就活の軸を定めることの大切さを理解したうえで

次に考えるべきは就活軸の定め方です

就活軸の定め方には2通りの方法があります

・企業のビジョンに自分をあわせる

・自分のビジョンにあう企業を探す

この2つです

・企業のビジョンに自分をあわせる

企業のビジョンに自分をあわせる方法は

すでに入りたい会社が決まっている人

とにかく内定が欲しい人

におすすめの方法です

この方法は企業側に自分をあわせていくため内定を取りやすい方法になります

まずはじめにやるべきは以下のように『自分の強みを書き出すこと』

そして『企業の求める人物像』を調べることです

『企業の求める人材像』は企業の採用HPを見ればすぐに出てきます

採用HPに書いてある求める人物像と自分の強みの共通点を探して

一致する部分からこれまでの自分の経験をもとにストーリをしっかりと練りこみ

企業側に「採用したい!」と思われるような人間になりきり

相手(企業側)のニーズに合わせた戦い方をする

これが企業のビジョンに自分をあわせる方法です

「就活強者になりたい」「とにかく内定が欲しい」

という就活で勝ち組と呼ばれるところを目指すのであれば

このやり方が就活勝者への道なので覚えておきましょう

・自分のビジョンにあう企業を探す

自分のビジョンにあう企業を探す方法は

どうしても自分の要望を前面に出したい人

ありのままの自分を認めてもらった上で就職したい人

こんな人たちがとる就活戦略になります

こちらは先ほどの方法と違って「わがまま」の要素が強いことは理解してください

そして当然内定はもらいにくいです

この方法でスムーズに内定がもらえるパターンがあるとすれば

早くから就活(インターン)をしていて実績を残している

わがままを認めてもらえるほど優秀

このどちらかです

もし自分の要望を前面に押し通した就活スタイルを選びたいのであれば

早くからインターンに参加してその中で実績を残す

もしくは、プログラミングや英語力など

ビジネスの世界においてもかなり重宝されるほどの

相当レベルの高いスキル技術を獲得しておく必要性があるでしょう

とはいえ企業によっては能力がある学生を「生意気だ」という風に捉えて

面接で「起業していた」と言ったら面接官が不機嫌そうな顔になった(某テレビ局)

なんていうこともあるので、

能力があればどこでも採用されるという誤解はしないようにしてください

当たり前ですがたまに勘違いをしている人がいるので言っておくと

企業と就活生は対等ではありません

企業は採用する側

就活生は採用される側

あなたにも選ぶ権利はありますが

あくまで採用するかどうかを決めるのは企業

圧倒的に企業側が優位なのです

その事実さえ忘れなければ大丈夫でしょう

素直に謙虚に腰を低くして挑むことが大切です