就職活動

就活のはじめ方 就活をする意味を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

就活が始まるけど、何から始めればいいのだろう。

どうやったら内定がもらえるのだろう。

これらの悩みは誰もが通る道です。

そして就活攻略法を調べたり

先輩に話を聞いたり

とりあえず説明会に参加したりとなんとなく就活をしていくわけですが

ちょっと立ち止まって考えてみてください。

確かに就活攻略法を調べたり、先輩に聞いたり、説明会に参加したりと

行動に移すことは素晴らしいことなのですが

それで自分の望む結果が手に入るのでしょうか?

おそらくそれでは望むような結果は手に入らないでしょう。

というのも『自分の欲望』がわかっていないからです。

では、どうやったら満足のいく就活ができるのか?

今回はそんな『就活のはじめ方』を考えていきたいと思います。

自分の欲望を知る

就職活動をするに当たって最初に考えるべきことは

『自分の欲望を知る』ことです

たったこれだけ。いたってシンプルです

ではなぜ『自分の欲望を知る』ことが大切なのでしょうか?

それは、『自分の欲望』を知らないと『就活の軸が定まらない』からです

就活の軸を定めることの大切さはこちらから

『就活軸=自分の欲望』と考えてください

もし自分の欲望を知らないまま就活をしてしまうと

「なんのために就活をしているのかわからない」

「内定がもらえたのはいいんだけどなんか気持ちが晴れない」

「就職して働きはじめたはいいけどすぐに仕事をやめてしまう」

そんなことが起こってしまいます

これではせっかく就活を頑張っても意味がなくなってしまいますよね

このような事態が起こらないためにも『自分の欲望を知る』ということは

とても大切なことなのです。

自分の欲望の見つけ方

さて、そうと決まれば『自分の欲望』を見つけていかなくてはなりません

『自分の欲望』を見つけていくときに意識すると良いポイントは以下の3つです

・自分のなりたい姿

・自分の好きなこと

・自分が今までやってきてできること

この3つをふまえた上で考えていくと『自分の欲望』が見つけやすいでしょう

この3つのうちどれを主軸にして考えていくのかは人それぞれですが、

自分が今までやってきてできること > 自分のなりたい姿 > 自分の好きなこと

この順番で考えていくことを強く勧めたいと思います

そして、順番が前にあるものほど優先順位が高くなります

というのも、

この順番で考えていくことが圧倒的にコストパフォーマンスが高いからです

自分がやってきてできることはあなた自身がそれを「好きか嫌いか」は別として

あなたが一番パフォーマンスを発揮できるものである可能性が高いです

だからこそ今できるわけですし、今まで続けてこれたのだとも言えるでしょう

自分が今までやってきてできることを仕事にしてしまう

これがあなたが一番輝ける場所を見つける最適な手段になります。

やりたいこととできることは違うまずはできることをやるべき

こちらも参考にしてください

最初に自分がやってきてできることを考えてみたら

次に自分のなりたい姿を考えてみましょう

・お金持ちになりたい

・プライベートを充実させたい

・結婚して子供が欲しい

・土日は絶対休みたい

などなど人によって様々ななりたい姿があるはずです

お金が欲しければ「給料のいい会社に入る」「最終的には独立する」「副業が認められている会社に入る」

などの方法が考えられるでしょうし、

プライベートを充実させたれば「残業の少ない会社」「有給消化率が高い会社」「緩やかな社風の会社」

などが考えられます

自分が理想とする姿から逆算して考えてみると

自分の欲望を最大限満たすことができる企業を探すことに集中できるようになり

自分の中に大きな軸が見つかります

最後に自分の好きなことを考えてみましょう

『自分が今までやってきてできること』『自分のなりたい姿 』

この2つを考えるだけでも十分自分の軸が見つかるように思えますが

意外とこの最後の『自分の好きなこと』を考えると言うのも大切です

第一に、人間は好きなことでなければやめてしまいます

もし向いていても嫌いな気持ちが強ければ

就職してからすぐにやめてしまうということにもなりかねないので

あえて向いているものにしないという選択肢もありなのかもしれません

とはいえ、向いていて嫌いなものというのは基本的には無いので

あまり考える必要もないのかもしれませんが…

好きなことが仕事になるというのは素晴らしいことですし

誰もが目指すべきことだと思いますが、

厳しいことを言うと

好きなことで飯が食えない=価値として認められていない

ということなので

ある意味好きという感情は自分のわがままでもあるのです。

それを理解した上で『好き』という気持ちをベースに就活をするのであれば

それはいいと思います。

しかし、自分が今までやってきてできることをベースに就活をした方が

すでに価値を持っている状態で戦えることにもなるため

就活がうまくいきやすいということも頭に入れておくべきです

これら3つのことを考えていくと

『自分の欲望=就活軸』を見つけることができます。

これは就活でよく言われる『自己分析』の部類に入ります

というより、これができればほぼ自己分析ができているとも言えます

自己分析についてはもっと細かくやる必要はあると思うのでまた書きますが

『自己分析』『企業分析』『説明会参加』『OB訪問』『面接対策』

『グループディスカッション対策』『SPIの勉強』うんぬんをやるよりも

まずはこの『自分の欲望=就活軸』を見つけることが何よりも大切になります

就活で何から始めたらいいのかわからないという人は

まず『自分の欲望=就活軸』を見つけることに集中してみましょう

そうすることで、

「就活をしている理由がわからない」

「就職してすぐに仕事をやめてしまう」

ということがおこる可能性は大きく減少します

就活がんばってください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA