プログラミング始めます 完全に初心者なのでまずは基本のHTMLから挑戦してみる

2019年3月23日

少し時間に余裕ができたので、兼ねてから興味があったプログラミングに挑戦してみようと思い

早速はじめてみました

私はケチなので(笑)学ぶのにお金を払いたくないな〜と思い

YouTubeの動画教材を参考に学習を始めました

まあそもそも何もわからない状態でスクールに通い始めても身に付かなさそうだし

自分で一から学んだ方が考えながらやることになるから

飲み込みも早いかなということでYouTubeで無料で学んでやろうと思った次第です

私が現在利用している教材はTech Academyが配信している

はじめてのHTML入門講座というものです

基本的なことをわかりやすく教えてくれるので

少しプログラミングに挑戦してみたいな〜って人が手軽に始めることができる感じです

ドットインストールとかProgateとかでもよいのですが

個人的にはYouTubeの『はじめてのHTML入門講座』の方がおすすめかなー

もちろん、「私はスクールで丁寧に教えてもらいたいんだ!」という人や

「プログラミングを本気で学びたい」という人は最初からスクールに通ってくれてもいいとは思うんですけど

まあ、HTMLの基礎レベルくらいなら自分で学習できると思いますし

先にHTMLやCSSなどの基礎と言われているものに触れてからスクールに通うという流れの方が良い気はします

もしスクールを検討されている方がいるのであれば

まずは無料体験できる

TechAcademyの無料体験を利用してみるのは良いかもしれません

さて、では今日の私の学びを発信していきたいと思います

0.まずは環境構築から

私もまだ初心者なので詳しくはわかっていませんが、

とりあえずプログラミングを学ぶためには環境構築が必要です

なんか『Sublime Text』というものが進められていたので

私はググって『Sublime Text』をダウンロードしました

ここからダウンロードできます→https://www.sublimetext.com

そしたら勝手にダウンロードが始まるので

ダウンロードが完了したら開いてみましょう

開くとSublime Textというのが出てくるはずなので

こんなやつです

これを開くと真っ黒な画面になります

ここまでできればひとまず環境構築は完了です

AppStoreからインストールできるAtomを使ってくれても良いんですけどね!

↑こんなやつです

まあどちらを使っても大差無いと思うのでお好みでどうぞ

では早速コードを書いていきたいと思います

1-1.HTMLとはなにか?

学習のPoint


HTMLの役割とは?


・WEBブラウザに文字を表示させるための言語であり、文書がどのように書かれているのかを伝える役割をもつ


HTMLファイルを作るためのルール


・HTMLで書くこと


・ファイルの最後に「.html」をつけること


・テキストエディタで書くこと

1-2.マークアップ

学習のPoint


HTMLとは?


・Hyper Text Markup Languageの略である


・マークアップとは、どこからどこまでに何があるのかを伝える意味合いをもつ


HTMLの書き方


・タグ

「<」記号 「>」記号を用いる

この時半角英数字で書く そうしないとプログラムが正常に実行されない


・見出し

一番大きいものは<h1>〜</h1>で表す

〜の部分が見出しになる


・段落

<p>〜</p>で表す

1-3.HTMLの基本構造

学習のPoint


HTMLの基本構造


・doctype

このHTMLファイルがどのようなHTMLで書かれているのかを伝える役割をもつ

HTMLはこれまでに様々なバージョンアップを行ってきているためどのバージョンを利用しているのかを判別することに使えるタグになります


・html

このタグの内側が本文(内容)であることを伝える役割をもつ

この内側に書かなくてはならないタグが以下の2つのタグになります


・head

HTMLファイルを解釈する上で必要な情報を書く場所


・body

HTMLファイルの文書の内容

1-4.よく使われるタグ

学習のPoint


よく使われるタグ


・meta

文書の情報を伝える役割もつ


・title

文書のタイトルを伝える役割をもつ


・div

ひとつの塊を示す役割をもつ


・span

文章の役割をもつ

今回は、HTMLの基本を学んでいきました

プログラミングに挑戦してみようと思う人はぜひ動画をみながら学んでみてください

私もまだまだ初心者ですが、Tech Academyの教材のおかげで不便なく学べました

ぜひ学んでみてください

この記事を書いた人

多良木 雄士
・担当カテゴリー 「就活」「フリーランスの現実」「学生時代のこと」「お金関係」「心理学」「大学時代の挑戦」「社会勉強」「オススメの本」

Twitter

Instagram

YOUTH LIFE STYLE公式LINE@