就活のやり方 就活とは攻略可能なゲームである

就活のやり方 就活とは攻略可能なゲームである

どうもゆっぴーです。

早い人で大学3年生の後半から就活を始めていますが、そもそもみんないっせいに就活っておかしな話ですよね。

大学生として年間約100万円×4年間のお金を払っていろいろ勉強して、

卒業した途端に月給20万円前後で社会に放出され働くことになる。

しかも、特にビジネスの知識がないのにも関わらずですよ?

年間100万円近く払う側から就職した瞬間に年間240万円〜稼ぐ側に一気に変化する。

そりゃ、3月解禁で就活が始まるぞと言われてもいまいちイメージつかめないし、

何からやっていけばいいのかわからないというのは当然のことだと思います。

なので今回は、『就活のやり方』についてのお話をしようかなと思います。

特に出世するかどうか。キャリアがどうこうの話は置いておいて、

就活で勝ち組(第一志望に内定獲得)になるということのみにフォーカスを当てた話です。

就活はゲームと心得よ

タイトルの通り『就活はゲームである』と心得てください。

なぜなら、就活というのはレベルを上げて武器を揃えれば攻略可能なものだからです。

究極ドラクエなどのRPG部類のものと同じと考えてください。

(※ちなみに個人の実力が高いからといって内定が大量にもらえるわけではなかったりもします)

よくあるRPGを想像してもらえればわかると思いますが、

ドラクエの最初の勇者ってLv,1で装備がなくて仲間もいなくて

何もない弱い状態からのスタートですよね?

就活のスタートもまさにそんな感じです。

大学在学中に起業したなどのある程度のチート級ステータスがあれば、

少し話は変わってきますが、

就職に有利と言われている体育会に所属していたとしても、

普通の大学生はビジネスにおいては全く経験0のひよっこ勇者状態ですよね。

それがいきなり内定(ボスを倒す)を取りに行くんだ頑張れ。

と放たれてもそのまま行ったのでは返り討ちになるのは目に見えていますよね。

なのでまずは武器を揃えてレベルを上げることが必要になります。

そのための武器集め、レベル上げ就活ゲーム攻略法に則って、

就活の攻略に必要なものをいくつか挙げたいと思います。

・企業の情報などを集めるリサーチ力

・エントリーシートを書くための表現力

・面接やグループディスカッションを乗り切るためのコミュニケーション力

・WebテストやSPIを乗り切る基礎学力

これら4つが主な武器になるかと思います。

この4つは武器であり、あなたのレベルにもなります。

いろんな企業を調べたり実際にOB訪問に行って情報収集をすれば知識レベルは上がっていきます。

と同様にエントリーシートも対策講座を受けたり、様々な企業に出して経験を積むことによって精度が高くなります。

面接やグループディスカッションも経験を積めば積むほどレベルが上がっていきます。

このレベルを上げていけば自ずと内定は獲得できるようになります。

内定が獲得できる確率を限りなく上げたいのであれば、

正攻法でどんどん攻略していくといいでしょう。

就活の手順

自分の願望を明確にする

当然と言えば当然のことなのですが、

意外と難しいのが自分の願望を明確にすること

そのためにも自己分析が大切になります。

自己分析をすることで、

・自分の興味のあるもの

・自分が充実度を感じるもの

・自分の目標

など今まで自分でも気が付かなかった欲望や自分の人間性に出会うこともあります。

例えば、

1番最初にお金をたくさん稼ぎたいという欲望があったとします。

であれば稼げる職業に就職すれば良いのですが、稼げる職業なんて言ってしまえばいくらでもあります。

そして、考えればわかることではあるかもしれませんが、

給料の高いところに就職しても出世しなければあまり稼げないかもしれません。

逆に超大手ではなくとも、役員クラスまで登りつめることが可能なのであれば

そちらに就職した方が稼げる可能性は高くなりますよね。

自己分析はある意味では自分に向いているキャリアの築き方を見つけることにも繋がってきます。

そして人間は楽しいことをやっている方が生産性も上がり、吸収も早くなるので

もしかすると好きなことを仕事にできた方がいいのかもしれません。

企業を調べる

自己分析が終わり、自分の進みたい方向性が決まったら、

次はその希望にあう企業を探しましょう。

今だと、多種多様な就活支援サイトが出てきて非常に調べやすくなっていますよね。

自分でネットで調べるのもいいかもしれませんが、せっかく就活のために支援サイトを立ち上げてくれている企業があるのでうまく利用しましょう。

リクナビ

マイナビ

キャリタス就活

Goodfind

などなど様々なサイトがあります。

Webテスト・SPIの勉強をする

これはできればやっておいた方がいいかもしれません。

友人にやってもらうというのも1つの手ではありますが、

企業によっては最初にネットで提出させ、その後面接を行って通過者に再度テストを受けさせる

なんてことをやる企業もありますから、

もし全然できないのに友人に任せっきりということをしていると痛い目を見る恐れもあります。

基本的には、中学生くらいからの一般教養レベルなので普通に勉強してきた方なら

少し勉強して思い出すことで問題自体は解けるかと思います。

ただ、時間制限があり少し焦って冷静な判断ができなくなるなんてこともあるため

対策として何回か模擬試験を受けたりする等の対策をすべきでしょう。

エントリーシートを書く

エントリーシートの書き方については、

負けなしのエントリーシートの書き方3ステップで大枠の書き方を紹介しているので、

エントリーシートに困っている方は目を通してみてください。

簡単にいうと、

自己分析と企業の求める人物像を照らし合わせていきましょう。

と言った感じです。

面接・グループディスカッション対策

面接についてはそこまで大きな問題ではありませんが、

グループディスカッションは対策をしていないと何をやればよいのかわからず

おそらく何も目立たないまま終わるハメになってしまいます。

コミュニケーション能力に自信がない人はまずOB訪問をたくさん行うなどして

人と話すことに慣れた方がいいでしょう。

そしてコミュニケーション能力に自信のある人もグループディスカッションは侮るべきではありません。

これは面接のようなコミュニケーションであれば問題ありませんが、

ディスカッションと言われているだけあって、結構ハードな討論になります。

まずお題を出され、制限時間を設けられて討論開始の合図。

それからは5〜7人のチームで討論会です。

ここで何もわかってない人は確実に落とされるので、予習と練習はしておきましょう。

就活イベントなどでもグループディスカッションのイベントは開催されていますが、

「そこで学べばいいや」ではなくせっかく議論をできるチャンスを存分に活かすためにも

まずは、グループディスカッション対策の本を読んでグループディスカッションについて、

試験官にみられているポイント、どういった動きをするべきかを頭の中に入れておきましょう。

それからグループディスカッションが行われるイベントに参加し、

そこで実践。帰って反省をし、再度イベントで実践と。

とにかく経験を積むことを1番に意識して取り組みましょう。

SPI・Webテスト・面接・グループディスカッションは練習の数が物を言います。

就活で勝ち組(第一志望内定獲得)になりたければ、事前に準備を整えておくことをおすすめします。

就活カテゴリの最新記事