心理学を学びたい初心者にオススメの本🔰 『それ心理学で説明できます』

心理学を学びたい初心者にオススメの本🔰 『それ心理学で説明できます』

こんばんは!

「心理学を簡単に学んでみたい!」という方のために、

今回は、僕が読んで面白かったなと思えた『それ心理学で説明できます!』という本を紹介したいと思います。

それ、「心理学」で説明できます!』著 清田予紀 (参考価格 税込¥648)

最近になって特に、ビジネス面のマーケティングや私生活の面でも心理学を学ぶことの有効性が知られてきています。

今日、心理学が注目されるようになったのもメンタリストDaiGoさんの影響が大きいです。

そんな中で、「心理学ってすげ〜」「心理学を学んでみたいな」と思う方も年々増えてきているのは明らかでしょう。

というよりも、学んでおいて損はない。むしろ現代では積極的に学ばなくてはならないと言える分野になってきています。

なぜなら心理学を学ぶことで、

・人間関係を円滑に進めることができるようになってストレスを減らしたい

・自分のメンタルをコントロールできるようになってあがり症を改善したい

・営業成績をよくして昇進したい、稼げるようになりたい

・さらにモノを売れるようになってさらに利益を上げたい

・モテるようになりたい、彼女がつくりたい

これらの多くの人が持っている願望は実現してしまうからです。

自分の願望を自分の思いのままに実現したいと願うのであれば必ず学ぶべき学問です。

心理学を学ぶ最大のメリットを結論から言ってしまえば、

この世界が『人間関係』で成り立っているからこそ

それだけ人の心について学ぶ学問である心理学を学ぶことで他人より有利に生きることができるからです。

人の心を自分の思うままに誘導できれば自分の望みを叶えることなど造作も無いですからね。

アドラーの『すべての悩みは対人関係の悩みである』とはよく言ったものです。

しかし、心理学を学ぶとなると、まず大きな壁として立ちはだかるのが

「いったいなにをすればいいのだろうか?」という疑問と

学問であることから学ぶために『多少の労力』と『学ぶためのお金』が必要になることでしょう。

何をすればいいのかについては、『本を読んで書いてあったことを実践してみる』ということが答えになります。

そして次が大きな問題。

勉強にはどうしても労力がかかります。そしてある程度のお金も・・・

「軽い気持ちで学んでみたい」「あんまり難しい本だと読んでもわからないかもしれない」

「いきなり高い値段を払って本を買うのは気が引けてしまう」という人もきっといるはずです。

そういった人にはいくら良書があるとはいえ、

小難しい良書から取りかかるべきというのは少々酷なものがあると思います。

一応、本当に学びたいと思った時に買うべき本を知っておいて損はないと思うので、

まずは、僕個人の意見も含めて多くの人が良書と評価する書籍を紹介します。

これから紹介するものはベストセラーなど、いずれも高い評価を受けている書籍なので参考までご覧ください。

人を動かす 新装版 』著 カーネギー (参考価格 税込¥1,620)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 』著 アドラー (参考価格 税込¥1,620)

『説得の心理技術』著 デイブ・ラクハニ (参考価格 税込¥3,996)

『現代広告の心理学101著 ドルー・エリック・ホイットマン (参考価格 税込¥3,996)

以上のものは超おすすめしたいのですが、

初心者に対しては少々難しいかもしれないという気がしているのと、

書籍にしては少々価格が高いと感じる人もいるだろうとの思いから紹介に留めておきます。

上記の4冊は本気で心理学を学びたいという方にはぴったりな良書なのですが、

これから心理学をかじって少し様子を見たいという方にとっては

途中で読むのをやめたくなってしまうくらい重たい内容になってしまうこともしばしば・・・

そして価格も1,600〜4,000円と少し買うのをためらってしまうような値段です。

(学ぶ気持ちがあるのであれば、値段以上に得られるものはありますが・・・)

そんな中、僕が見つけた心理学を学びたい初心者にうってつけの本が『それ心理学で説明できます!』という本です。

正直心理学をビジネスや私生活に応用したいと本気で考えている方には少し物足りない本になってしまうかもしれませんが

世の中の様々な不思議現象を心理学を使った観点から読み解くという非常に読みやすい本になっています。

(がっつり心理学を学びたい人は上記の4つの本から1番気になったものを読んでみるといいでしょう)

そして何と言っても低価格を求める今の消費者の僕らにとってはありがたすぎる驚異の648円という低価格。

まさに心理学に興味を持ち始めて学んで見たいという方にはうってつけの1冊です。

『それ心理学で説明できます!』の大まかな内容

著者情報

清田予紀 (早稲田大学卒)

現役の心理カウンセラーで自己実現を促す心理学講座やカウンセリングを通して、

主に若者の心理をモニタリングし、研究成果を著作活動に活かしているという方です。

他の著書に、

『9割の相手を思いのままにする心理術』

『錯覚の心理トリック』

『自分を磨く55のテクニック』などのタイトルからも面白そうな雰囲気が伝わってくるものがあります。

どれも手に取りやすいものになっているので、興味がある方は読んでみるといいでしょう。

内容(16章の要約)

「心のふしぎ」を解き明かすと、世界の見え方がガラリと変わる!

をキャッチフレーズにしているこの本は、

そのフレーズ通り、世の中にある身近な不思議を心理学を用いて解明していくというものになっています。

この本は、6つの章から構成されています。

1章では

意識していることもしていないこともぜんぶ「深層心理」が知っている!

と、『自分の意識』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

2章では

世の中が「そうなっている理由」が手に取るように見えてくる!

と、『社会の不思議なこと』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

3章では

「買いたくなる」心理はこうして仕組まれている?

と、『お金にまつわる心理学』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

4章では

あの人との「心の距離感」その秘密がまるわかり

と、『人間関係』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

5章では

「好きな気持ち」はこうして生まれ、こうして揺れる

と、『恋愛』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

6章では

仕事も勉強も、この心理学でもっとうまくいく!

と、『モチベーション』にフォーカスを当てた事例が紹介されています。

『自分のこと』『社会の仕組み』『お金について』『人間関係』『恋愛』『モチベーション』

人間である以上誰もが関心を持っている分野について書かれていますが、

これらのことはすべて心理学に当てはめることができるです。

それもそのはず。

お金も人間が物々交換の効率化を求めた末に生まれたものですし

今の制度だって人々が生活しやすいように人間が決めたものです。

人間が作り出した以上は、それを作った理由や意味があります。

当然その中には様々な感情も入り乱れているわけです。

そう考えれば、人の心について学ぶ心理学がこの社会で利用できないところはほぼ無い

と言い切ってしまってもいいでしょう。

さらに6つの分野を一冊で触れることができるのは

心理学ならではのメリットともいえます。

先の投稿にある

世の中が「そうなっている」のには理由があった 世の中の不思議を解明しよう

平成最後のハロウィンやっぱり渋谷は大盛り上がり! ハロウィンになると真面目な人までもがハジけてしまう心理

この2つもこの本の内容に触れたものになっています。

 

この本の冒頭にも書いてありますが、心理学を学び理解するということは、

今まで表面しか見えていなかったものの裏側を見れるようになることと同じです。

世界の裏側を知りたいと思うのであれば手始めに読んでみるといいでしょう。

特に、3章『お金について』・4章『人間関係』・5章『恋愛』多くの人が頭を悩ませる部分です。

3章では、売り手の戦略に騙されないように。

4章では、友人や家族、仕事場の仲間といつまでも仲良くいるために。

そして5章では、恋人を作れるように。または、恋人とずっと仲良くいるためにも

今、心理学を学んでおくことはあなたの幸せへの第一歩になるでしょう。

『それ心理学で説明できます!』の購入はこちらから

心理学をガチで学んで他人より有利に生きたい人はこちら

僕のおすすめランキング

1『説得の心理技術』著 デイブ・ラクハニ (参考価格 税込¥3,996)

2人を動かす 新装版 』著 カーネギー (参考価格 税込¥1,620)

3嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 』著 アドラー (参考価格 税込¥1,620)

4『現代広告の心理学101 ドルー・エリック・ホイットマン (参考価格 税込¥3,996)

4位の現代広告の心理学101は大変優れた本ではありますが、

広告という面が強いため日常生活で利用できるものが少ないと判断しました。

しかしながら、ビジネスのマーケティングという面ではこれほどの良書はないため、

ビジネスマーケティングのために心理学を学びたいと考えている方にとっては1番に買うべき本です。

書評・映画レビューカテゴリの最新記事