世の中お金じゃないって人はお金を軽視しすぎだと思う 金はめっちゃ大事やで!

世の中お金じゃないって人はお金を軽視しすぎだと思う 金はめっちゃ大事やで!

どうも。ゆっぴー(@yuppyeconomy)です。

 

最近、昔の友達に会って「世の中お金じゃないよね」「金にこだわる人って汚いよね」って話をされました。

確かにお金が全てというわけではないと思う。

でもお金を稼ぐことにこだわる人を汚いって言い方をするのは見当違いだと思う。

 

お金を稼ぐことって尊いし素晴らしいことだと思う

『金稼ぎ=悪』みたいなものは

言ってしまえばお金がない人たちの僻みでしかないと思うし、

どちらかといえば、僕は金稼げてないやつのほうが悪だと思っている側だ。

 

僕は今回お金を稼ぐことの大切さ、お金の尊さについて

自分の思いを書き綴っていきたいと思う。

 

 

お金ってそもそもなんなんだろうか?

「お金ってなに?」

そう聞かれた時にあなたならなんて答えますか?

 

ここにはいろんな答えがあると思うんです。

「権威」「あれば贅沢できるもの」「生活に必要なもの」「ただの数字」などなど・・・

 

これはその人それぞれの考え方があるので

正解はないのかもしれません。

 

ちなみにグーグル先生はこうおっしゃっていました。

『お金とは、人間社会において、欲しいものや必要なものを手に入れるために使われる物体及びその概念である。 また、「価値の尺度」「交換の媒介」「価値の保蔵」の機能を持つ。』と・・・

 

これはこれで1つの考え方としてはいいと思います。

非常に簡潔でわかりやすいですね。

 

また、こちらのニコニコ大百科も読んでみると面白いのでよければ一緒にどうぞ。

URL:https://dic.nicovideo.jp/a/お金

 

 

で、僕個人の見解を話していこうと思いますが、

僕は、お金=価値の提供に対しての『感謝』や『信頼』である

と考えています。

 

つまり、お金が集まって来るひとやお金をたくさん持っている人は

何かしらの価値を提供し続けているからお金が集まってくる。

 

単純にそれだけの話だと思うのです。

 

そう考えると『金稼ぎ=悪』という考え方は

僕としては正反対の考え方であるといえます。

 

そもそも、稼ぐことは悪ではないし稼げないことも悪ではありません。

両者とも特に悪いことはしていませんからね。

 

こう考えると、

むしろ金稼ぎができていない=人に価値を与えられていないから裕福にならない。

こういうことであると思うんです。

 

 

これは僕自身の体験から気づくことができたことなのです。

 

僕は2年前に『イベントオーガナイザー』という

いわゆるイベント主催者をやっていました。

(あれって頑張れば結構がっぽり稼げるんですよね)

 

始めた理由もとにかく稼ぎたかったからで、

始めのうちはとにかく「集客して」「シャンパン開けさせて客単価をあげて」と

自分が儲けることしか考えていませんでした。

 

しかし、本来イベントというのは「来てくれた方に楽しんでもらってなんぼ」なわけです。

 

始めのうちはまあまあよかったですよ。

それなりに友達も多かったですし、盛り上がってくれば

気前のいいやつがシャンパンを開けてくれたりして。

5時間で10万近く稼げたりしていたので

まあ調子に乗っていましたよね。

 

でも当然楽しませることを1番に考えていなければ

全然盛り上がらないこともあるわけですよ。

なんかいつも同じメンツだし飽きて来たなーと来てくれなくなる人もいます。

 

そうやって一回崩れ始めると早いですよね。

あっという間に人は来なくなり

箱がしでやっていたので、売上が立たなくて赤字になり始めます。

 

そうなって初めて気がつくんです。

自分が儲けることばかりを考えていても

そんなものに人はお金を出してくれるほどお人好しじゃないんだと。

自分がやってたことは泥棒や詐欺師と同じだったのだと。

 

そこから僕は、一人一人と話したり関わる時間を増やしたり。

楽しく話すコツや盛り上げるコツを調べては試して

ついに『人に価値を与えよう』と動き始めました。

 

そうすると、驚くべきことが起こるんですよね。

 

今までのイベント開催後は僕から「ありがとう」といっていたのに

今度はイベントに来てくれた子の方から「ありがとう」と感謝のLINEがくるように

なったのです。

そして、「またイベントやるときは呼んでくれよな。むしろ呼ばなかったらキレる」と

相手から次のイベントにも招待してほしいとお願いされるようになったのです。

 

このとき僕は『人に価値を与えるってこういうことなんだ』と気づくことができました。

 

僕の体験からもこれだけはハッキリといえます。

『人に感謝されるくらい相手のために頑張れば勝手に儲かると』

自分から儲ける方法や

小手先のセコいテクニックなど始めから身につける必要はなかったんです。

 

その経験からも導き出せた答えが

『お金=価値(感謝・信頼)』

です。

 

お金を稼ぎたいと思ったり、金持ちになりたいという人は

まず『人に価値を与える』ということを考えてみるといいかもしれません。

 

 

資本主義という現状とそこでのお金の価値

今の世界は『資本主義』の考え方が一般的なものになっています。

 

ということは、『資本』がモノを言う世界なわけです。

どうしても『資本』を持つものが強者になってしまいます。

 

そんな中でお金が全てではない。と言ってしまうと

必然的に世界での生存競争に敗れることを意味します。

 

確かにお金が全てと言う考え方に納得できないと言うのもわかります。

『愛』『友情』『人間関係』『自然保護』『動物愛護』など

大切なものはあげればキリがないでしょう。

 

しかし、どう生きていくとしても

多少のお金は必要になって来てしまうわけです。

 

お金がなければ『着る物も買えない』『食べ物も食べられない』『住むところもない』

それが現実なのです。

 

『お金が全て』これを認めるのは苦しいかもしれませんが、

『金稼ぎ=悪』と言った身も蓋もないことを信じるのはやめた方がいいのではないかと思います。

 

『金稼ぎ=悪』と言う考え方になってしまうのは

稼いだ人のお金の使い方に問題があるのでしょう。

 

それに嫌悪感を示すのであれば、自分自身で稼ぐしかありません。

自分で稼いで『環境保護に貢献したり』『貧しい国に募金したり』して

正しいと思うお金の使い方をするのがいいのではないでしょうか?

 

 

これは有名な『金持ち父さん貧乏父さん』でも言われていることですが

資本主義においては『お金=パワー』と金持ち父さんは言っています。

 

その通りなのです。

お金は綺麗なものでありもっと尊ぶべきものであり。

決して汚れているもの。金稼ぎは汚いなどと思ってはいけないのです。

 

お金だって要はモノです。

包丁などと一緒であり、

料理に使えば人を幸せにするためのモノになりますし

人に向ければそれは危険なモノになります。

 

そのモノの存在が悪いわけではなく

それを使う人がどのような心の持ち主なのか。

 

全ては人の問題です。

 

自分の中でお金の価値やお金の使い道を理解し考えられるようになった時

お金はあなたに強力なパワーを与えてくれるのではないかと思います。

 

とにかく稼ぎましょう。

僕も、もっともっと影響の輪を広げていき。

人を幸せにして稼いで、稼いだお金でまた人を幸せにする。

そんな目標に向かって日々前進していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

金融・経済・投資カテゴリの最新記事